Cerisier

◇◇Cerisier Barthes(スリジエール・バルト)

スリジエール.jpg
種族 ミコッテ・ムーンキーパー
性別 男性
身長 168cm
年齢(ヒューラン換算) 25歳
主なジョブ 黒魔道士 / 調理師
おおよその冒険者レベル 50Lv前後
メインクエスト進行度 カストルム・メリディアヌム
所属GC 無所属

◇来歴、特徴など

黒衣森に暮らすムーンキーパーの一族出身。
角尊の一族を慕い森に暮らすようになった経緯から、代々優れた幻術士を輩出してきた家柄である。

しかし、次期跡取りと目されていたスリジエールに、その才能は僅かも顕れなかった。
それどころか、彼を産んで間もなく亡くなった母親の遺体を抱き締めた瞬間、呪術の才が発露。
幼い子どもの腕から広がった炎は、瞬く間に母を燃やし、骨の一欠片すら残さず灰塵と帰してしまった。
しかしその圧倒的な火力に反して、炎はまるで柔らかな布帛のように亡骸を包み込み、舞い上がった火の粉は春に咲く花に似て儚げだったという。

これ以来、一族の汚点であり禁忌と目された彼は、十歳にも満たない頃に「長老の樹」付近で捨てられることとなった。
本来ならば魔物の餌となるところを、森の外れに住むエレゼンの老女に拾われ、新しく名前をつけてもらい、彼女の元で暮らすようになる。
それは丁度、根雪が溶け、花のつぼみが柔らかに膨らんだ春の頃だった。

エレゼンに育てられたためか、立ち居振る舞いはたおやかで、背筋も伸びている。
ただし、何もないところで転ぶ、走り出したと思ったら3歩目で躓く、等の運動神経の壊滅っぷりは元々の気質の様子。

性格は極めて温厚で柔和。おっとりしており、世話好きのお人好し。
しばしば騙されたり金品を盗まれたりするものの、それで誰かの助けになるなら構わないと思っている。
その優しさはどこか自己犠牲的で、罪をあがなうように人に尽くそうとする。
実際に自己評価は極めて低く、過剰に控えめな節もある。
反面で、晴れやかなものに強く惹かれる傾向。
料理が好きで、とりあえず何か食べさせようとするところがある。

◇イメージなど

  • 花:桜


※ページ作成時には以下を削除してください
※画像の枚数、レイアウト、項目の増減は各自にお任せします!
※メインクエスト進行度については、現時点で解放されている最新IDのLvのみをご記入ください
※世界観上、正式な冒険者になれるのは成人後であるため、原則としてキャラクターの年齢は20歳以上となります

  • 最終更新:2018-04-03 18:35:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード