Gentiane

◇◇Gentiane Saphir(ジャンシアヌ・サフィール)

gentiane.jpg
種族 フォレスター
性別 男性
身長 209cm
年齢(ヒューラン換算) 成人はしている
主なジョブ 占星術士/赤魔導士
おおよその冒険者レベル 60Lv前後
メインクエスト進行度 -
所属GC 無所属

◇来歴、特徴など

イシュガルド中流貴族、サフィール家の三男。
いつも穏やかで、のんびりと、ぼんやりとしている。
勉強が好きで、特に歴史と占星術を学んでいる。その実、神学にはあまり興味がないようで、神学校を卒業してはいるが、聖職者の道には進まなかった。
イシュガルド以外の国々にも興味を持っており、最近はクガネを訪れたり、アジムステップに関する書物を収集したりしている。

ダスクヴィジルに親友がいたが、霊災の際に亡くなってしまった。
たまにダスクヴィジル付近を訪れては花を手向けたりしている姿が見られる。

ピヴワヌを拾い、名付け親となった張本人。アウラ・ゼラであることに気付いており、このままでは竜の眷属と勘違いされかねないと保護した。
雛鳥を育てる親鳥のように、自らの手で世話をしている。

サフィール家は一見、ただの目立たない中流貴族に見えるが、貴族社会の暗部に関わる形で現在の地位までのし上がってきた一族である。
陰謀、暗殺なんでもありの一族であり、他の貴族たちの代わりに手を汚す代わりに家を守って貰っている。
幼い頃からそういった教育を受けていることもあってそれが本人たちにとって当たり前の事となっており、昨日まで仲良くしていた隣人でさえも簡単に手にかけてしまう。


兄弟たち

  • 長男:ロドダンドゥロン
  • 明朗快活、懐の深い事で有名なサフィール家現当主。
  • 頭の回転が非常に良く、物事を広く、良く見ている。
  • また、武術が達者であり、巨大な斧を振り回してはドラゴンを屠っていく。
  • 家のため、仕事のことなら冷徹になれる人物。現当主として、仕事の交渉をし、兄弟たちに様々な後ろ暗い命令を下す。そこに躊躇や、情など一切ない。
  • 次男:ネニュファール
  • 常に微笑みを浮かべ、人当たりも顔も良いサフィール家次男。ファンクラブがあるとかないとか。
  • あまり武術は得意ではないが、医術、錬金術などに造詣が深い。
  • 彼の人心掌握術は凄まじいものがある。家のため、仕事のことで上手く人を動かし、利用し、邪魔になれば簡単に捨ててしまう。
  • 子飼いのアサシンを飼っている。
  • 三男:ジャンシアヌ
  • 兄弟の誰よりも先見の明を持つ。
  • 情は兄弟の誰よりも深いが、あくまで自分の手元にいる者に対してのみであり、他人などどうでもいいと思っている。
  • そのため、家の、仕事の邪魔になりそうな者がいれば、兄弟へと伝える。たとえ、それでその者が消えることになるとしても。





◇イメージなど

CV.小i野i坂i昌i也


※ページ作成時には以下を削除してください
※画像の枚数、レイアウト、項目の増減は各自にお任せします!
※メインクエスト進行度については、現時点で解放されている最新IDのLvのみをご記入ください
※世界観上、正式な冒険者になれるのは成人後であるため、原則としてキャラクターの年齢は20歳以上となります

  • 最終更新:2018-07-08 22:04:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード